mahoroba・TOPへ


榛名まほろば出版

地方・小出版流通センターに加入しています。 ご利用できます。ご利用できます。


榛名まほろば出版の本は全国どこの書店からでも注文できます。地方・小出版流通センター扱いです。

季刊・『榛名団』・好評・発売中
2011年11月11日創刊号・48頁
2012年3月11日 第2号(春号)・86頁
2012年6月15日 第3号(夏号)・88頁
2012年9月11日 第4号(秋号)・92頁
2012年12月20日第5号(冬号)・90頁
2013年3月30日 第6号(春号)・108頁
2013年6月20日 第7号(夏号)・94頁
2013年9月20日 第8号(秋号)・86頁
2013年12月20日第9号(冬号)・96頁
2014年3月20日 第10号(春号)・90頁
2014年6月20日 第11号(夏号)・86頁
2014年9月20日 第12号(秋号)・76頁
2014年12月20日第13号(冬号)・66頁
2015年3月20日第14号(春号)・88頁
2015年6月20日第15号(夏号)・88頁
2015年9月20日第16号(秋号)・76頁
2015年12月20日第17号(冬号)・76頁
2016年3月20日第18号(冬号)・60頁(今号にて休刊中)
文真堂書店「ブックマンズ・アカデミー」高崎店・前橋店にて取扱い中
文真堂書店「ブックマンズ・アカデミー」高崎店・前橋店にて取扱い中
煥乎堂書店・前橋本店にて取扱い中

全国書店にて地方・小扱いでご注文下さい。
定期購読・及び詩誌参加は、homeのメールで受け付けています。

定期購読費・季刊四冊分 2000円・詩誌参加費・5部買取 3000円

創刊号参加者
【ゲスト】荒川洋治【連載エッセイ・絵】藤井靖【一行詩】堤 美代【詩】浅見恵子・須田芳枝・関根由美子・中澤睦士・泉麻里・三枝治・木村和夫・井上敬二・佐藤進・井田秀樹・六本木伸一・くぼたこうじ・中村利喜雄・金井裕美子【連載小説】萩原常夫【連載エッセイ・詩】富沢智
2号参加者
【ゲスト】中上哲夫・佐野のり子【エッセイ・詩】木村和夫【連載エッセイ・絵】藤井靖【エッセイ・詩】佐藤進【連載エッセイ】佐伯圭【連載小説】萩原常夫【掌編小説】柄澤絢子【小説・詩】井田秀樹【一行詩】堤美代【詩】浅見恵子・金井裕美子・広瀬弓・房内はるみ・中澤睦士、泉麻里・三枝治・カノウツトム・井上敬二・六本木伸一・川端進・くぼたこうじ・井上英明・中村利喜雄・須田芳枝【連載エッセイ・詩】富沢智【表紙絵】朝日初子
3号参加者
【詩】尾崎昭代・平井弘之・立川裕也【エッセイ・詩】木村和夫【連載エッセイ・絵・表紙絵】藤井靖【エッセイ・詩】佐藤進【連載エッセイ・詩】佐伯圭【連載小説】萩原常夫【詩】柄澤絢子【連載小説・詩】井田秀樹【一行詩】堤美代【一行詩・短歌】栃本泰雄【詩】浅見恵子・金井裕美子・広瀬弓・中澤睦士、泉麻里・三枝治・井上敬二・六本木伸一・川端進・中村利喜雄・須田芳枝【エッセイ】狩野つとむ【エッセイ・詩】くぼたこうじ【連載エッセイ・詩】富沢智

4号参加者
【ゲスト】大橋政人【一行詩・詩】堤美代【一行詩・短歌】栃本泰雄【詩】田口三舩・平井弘之・井上敬二・泉麻里・金井裕美子・中澤睦士・六本木伸一・三枝治・原健十三・佐藤進・柄澤絢子・くぼたこうじ・須田芳枝・広瀬弓・関根由美子・川端進【エッセイ】狩野ツトム・藤井靖【連載エッセイ・詩】木村和夫・佐伯圭【連載小説】萩原常夫【連載小説・詩】井田秀樹【連載エッセイ・詩】富沢智【表紙絵】狩野ツトム
5号参加者
【ゲスト】八木忠栄【一行詩・詩】堤美代【一行詩・短歌】栃本泰雄【詩】立川裕也・平井弘之・川端進・狩野つとむ・金井裕美子・中村利喜雄・中澤睦士・泉麻里・関根由美子・広瀬弓・佐藤進・三枝治・柄澤絢子・くぼたこうじ・須田芳枝・井上敬二【エッセイ】六本木伸一【連載エッセイ・詩】木村和夫【連載エッセイ】佐伯圭【連載小説】萩原常夫・相馬吾郎【連載小説・詩】井田秀樹【連載エッセイ・詩】富沢智【題字】山本素竹【写真】とみざわまひる
6号参加者
【ゲスト】井川博年【一行詩・詩】堤美代【一行詩・短歌】栃本泰雄【詩】立川裕也・平井弘之・川端進・狩野つとむ・金井裕美子・中村利喜雄・中澤睦士・泉麻里・関根由美子・広瀬弓・佐藤進・三枝治・柄澤絢子・くぼたこうじ・須田芳枝・井上敬二・六本木伸一【連載エッセイ・詩】木村和夫【連載エッセイ】佐伯圭【連載小説】萩原常夫【連載小説・詩】町川夏音・井田秀樹【連載エッセイ・詩】富沢智【題字】山本素竹【写真】とみざわまひる
7号参加者
【ゲスト】八木幹夫【一行詩・詩】堤美代【一行詩・短歌】栃本泰雄【詩】平井弘之・川端進・狩野つとむ・金井裕美子・中村利喜雄・中澤睦士・泉麻里・関根由美子・広瀬弓・佐藤進・三枝治・柄澤絢子・くぼたこうじ・須田芳枝・井上敬二・井田秀樹【連載エッセイ・詩】木村和夫【連載エッセイ】佐伯圭【連載小説】萩原常夫【連載エッセイ・詩】富沢智【題字】山本素竹【写真】とみざわまひる
8号参加者
【ゲスト】小沢信男【一行詩・詩】堤美代【一行詩・短歌】栃本泰雄【詩】平井弘之・川端進・狩野つとむ・金井裕美子・中村利喜雄・中澤睦士・泉麻里・関根由美子・広瀬弓・三枝治・柄澤絢子・くぼたこうじ・須田芳枝・井上敬二・井田秀樹【エッセイ】佐藤進【連載エッセイ・詩】木村和夫【連載エッセイ】佐伯圭【連載小説】萩原常夫【連載エッセイ・詩】富沢智【題字】山本素竹【写真】とみざわまひる
9号参加者
【ゲスト】谷川俊太郎【一行詩・詩】堤美代【一行詩・短歌】栃本泰雄【詩】広瀬弓・平井弘之・川端進・狩野つとむ・中村利喜雄・中澤睦士・泉麻里・関根由美子・梁川梨里・提箸宏・松木俊治・柄澤絢子・くぼたこうじ・須田芳枝・井上敬二・【エッセイ】佐藤進【連載エッセイ・詩】木村和夫【連載エッセイ】佐伯圭【連載小説】萩原常夫【連載エッセイ・詩】富沢智【追悼・井田秀樹・】金井裕美子・三枝治・富沢智【題字】山本素竹【写真】とみざわまひる
10号参加者
【ゲスト】清水哲男【一行詩・詩】堤美代【一行詩・短歌】栃本泰雄【詩】広瀬弓・平井弘之・桜井常夫・川端進・狩野つとむ・中村利喜雄・中澤睦士・泉麻里・関根由美子・梁川梨里・提箸宏・佐野のり子・尾崎昭代・柄澤絢子・くぼたこうじ・須田芳枝・井上敬二・佐藤進【連載エッセイ・詩】木村和夫【連載エッセイ・詩】佐伯圭【連載小説】萩原常夫【連載エッセイ・詩】富沢智・金井裕美子・三枝治・【題字】山本素竹【表紙絵】藤井靖
11号参加者
【ゲスト】正津勉【一行詩・詩】堤美代【一行詩・短歌】栃本泰雄【詩】広瀬弓・桜井常夫・川端進・狩野つとむ・中村利喜雄・中澤睦士・泉麻里・関根由美子・提箸宏・柄澤絢子・くぼたこうじ・須田芳枝・井上敬二・金井裕美子・三枝治・木村和夫【連載エッセイ・詩】佐伯圭【連載小説】萩原常夫【連載エッセイ・詩】富沢智【追悼・立川裕也・平井弘之】浅見恵子・佐藤進・ヤリタミサコ・【題字】山本素竹【表紙絵】立川裕也
12号参加者
【ゲスト】吉田文憲【一行詩・詩】堤美代【一行詩・短歌】栃本泰雄【書評】広瀬弓・【詩】桜井常夫・梁川梨里・川端進・狩野つとむ・中村利喜雄・中澤睦士・泉麻里・関根由美子・提箸宏・柄澤絢子・須田芳枝・井上敬二・金井裕美子・三枝治・木村和夫【連載エッセイ・詩】佐伯圭【連載小説】萩原常夫【連載エッセイ・詩】富沢智【追悼・くぼたこうじ】【題字】山本素竹【表紙写真】とみざわまひる
13号参加者
【一行詩・詩】堤美代【一行詩・短歌】栃本泰雄【詩】松木俊治・桜井常夫・川端進・狩野つとむ・中村利喜雄・中澤睦士・泉麻里・関根由美子・提箸宏・柄澤絢子・須田芳枝・井上敬二・金井裕美子・三枝治・木村和夫【連載エッセイ・詩】佐伯圭【連載エッセイ・詩】富沢智【題字】山本素竹【表紙写真】とみざわまひる
14号参加者
【ゲスト】入沢康夫【一行詩・詩】堤美代【一行詩・短歌】栃本泰雄【詩】狩野つとむ・関根由美子・田口三舩・松木俊治・桜井常夫・川端進・中村利喜雄・中澤睦士・泉麻里・梁川梨里・柄澤絢子・須田芳枝・井上敬二・金井裕美子・三枝治・佐藤進・【連載エッセイ・詩】木村和夫【連載エッセイ・小説】佐伯圭・サエキケイ【連載エッセイ・詩】富沢智【題字】山本素竹【表紙写真】とみざわまひる
15号参加者
【一行詩・詩】堤美代【一行詩・短歌】栃本泰雄【詩】田口三舩・宮内憲夫・桜井常夫・提箸宏・川端進・狩野つとむ・中村利喜雄・中澤睦士・泉麻里・関根由美子・梁川梨里・柄澤絢子・須田芳枝・井上敬二・金井裕美子・三枝治【エッセイ】佐藤進【連載エッセイ・詩】木村和夫【連載エッセイ・小説】佐伯圭・サエキケイ【連載小説】萩原常夫【連載エッセイ・詩】富沢智【題字】山本素竹【表紙写真】とみざわまひる
16号参加者
【ゲスト】入沢康夫【一行詩・詩】風女・堤美代【詩】田口三舩・松木俊治・桜井常夫・川端進・狩野つとむ・中村利喜雄・中澤睦士・泉麻里・関根由美子・柄澤絢子・須田芳枝・井上敬二・金井裕美子・三枝治・宮内憲夫・【連載エッセイ・詩】木村和夫【連載エッセイ・小説】佐伯圭・サエキケイ【連載小説】萩原常夫【連載エッセイ・詩】富沢智【題字】山本素竹【表紙写真】とみざわまひる
17号参加者
【ゲスト】佐々木幹郎【一行詩・詩】堤美代【詩】桜井常夫・宮内憲夫・田口三舩・提箸宏・川端進・尾崎昭代・狩野つとむ・中村利喜雄・中澤睦士・泉麻里・関根由美子・柄澤絢子・須田芳枝・井上敬二・金井裕美子・松木俊治・三枝治【連載エッセイ】木村和夫【連載エッセイ・小説】佐伯圭・サエキケイ【連載エッセイ・詩】富沢智【題字】山本素竹【表紙写真】とみざわまひる
18号参加者
【詩】川端進【一行詩・詩】風女・堤美代【詩】田口三舩・松木俊治・大石聡美・桜井常夫・・狩野つとむ・中村利喜雄・中澤睦士・泉麻里・関根由美子・柄澤絢子・須田芳枝・井上敬二・金井裕美子・三枝治・宮内憲夫・【連載エッセイ・小説】佐伯圭・サエキケイ【連載小説】萩原常夫【連載エッセイ・詩】富沢智【題字】山本素竹【表紙写真】とみざわまひる

季刊・『榛名団』 定価600円+税 バックナンバー常備あり


新刊・好評・発売中
2015年5月15日刊行
榛名まほろばの詩集P
文真堂書店「ブックマンズ・アカデミー」高崎店・前橋店にて取扱い中
煥乎堂書店・前橋本店にて取扱い中

堤 美代一行詩集「ゆるがるれ」A5判72頁・1500円+税

船を漕ぐ
死者の鎮魂の森へ
郷愁の森へ
私の魂の深みに分け入るために
船を漕ぐ


立川裕也詩集「僕は僕の船でゆく」菊判235頁・1800円+税

行こう
ぼくはきみに眼を贈ろう
そして、全く持ってぼくたちは
もう一度 逢おう!
手を振るように去ろう!

「帯」より


2015年1月15日刊行
榛名まほろばの詩集N
文真堂書店「ブックマンズ・アカデミー」高崎店・前橋店にて取扱い中
煥乎堂書店・前橋本店にて取扱い中

佐伯 圭詩集「ネオ・エッダ」四六判83頁・1800円+税

私は、これらの作品を通して、自分自身の「神話」を
描いたのだと思う。
この「ネオ・エッダ」は、自分自身の奥底から汲み上げた、
根幹とも言える言える詩群だと思う。

「あとがき」より


2014年6月30日刊行
榛名まほろばの詩集M
文真堂書店「ブックマンズ・アカデミー」高崎店・前橋店にて取扱い中
煥乎堂書店・前橋本店にて取扱い中

富沢智詩集「乳茸狩り」A5判164頁・2000円+税

瞬く間に四十年は過ぎ
柿ノ木坂もそれなりに
野原の坂道ではなくなってはいるが
西日に晒したボクの顔も
そのように歳月を経ているだろうか

「柿ノ木坂」より


新刊・好評・発売中
2014年3月20日刊行
榛名まほろばの詩集L
文真堂書店「ブックマンズ・アカデミー」高崎店・前橋店にて取扱い中
煥乎堂書店・前橋本店にて取扱い中

木村和夫詩集「青景色蛙御殿」四六判185頁・2500円+税

赤城山がはるか下の方に見える
榛名山の麓の山子田では
菜の花の黄は輝いていたが
鳥たちの声は寒気に圧されて
いまだに影をひそめていた

「朝日が放つ熱線」より


新刊・非売品
2013年12月1日刊行
榛名まほろばの詩集K


渡辺慧介詩集「背後の色彩」A4判162頁・非売品

わたしは最後の最期までまちがうかも知れぬ
と紙上(あるいはパソコン上)記す
しばらく考えてその字面を消す
迷ったコトバが欅の枝に引っ掛かったまま揺れている

「残像ーあとがきにかえて」より


新刊・好評・発売中
2013年11月1日刊行
榛名まほろばのエッセイ集
文真堂書店「ブックマンズ・アカデミー」高崎店・前橋店にて取扱い中
煥乎堂書店・前橋本店・戸田書店にて取扱い中

栗原直樹著「榛名山麓はくぶつ日記」四六判355頁・1400円+税

生きているのはわたしたちだけではない。
草木、鳥獣、昆虫、粘菌、そして、はるか天空を巡る星々。
榛名山麓は豊かな命に溢れている。

帯文より


新刊・好評・発売中
2013年6月20日刊行
榛名まほろばの詩集J
文真堂書店「ブックマンズ・アカデミー」高崎店・前橋店にて取扱い中
煥乎堂書店・前橋本店にて取扱い中

佐伯圭詩集「ゴッタ」A5判変形・函入り7分冊・2000円+税

遠く
夜明けを告げる声が
開いた窓から入ってくる

「密航」より


平方秀夫第七詩集「問いは生きている」A5判変形・函入り230頁・非売品

生きていてもいい
死んでいてもいい
俺に存在(ありか)をみせろ

「ありかをみせろ」より


大橋政人詩集「26個の風船」A4判変形・函入り104頁・2000円+税

空が
見えているうちは
まだ、この世だ

「流れる」より


新刊・好評・発売中
2012年7月24日刊行
榛名まほろばの詩集G
文真堂書店「ブックマンズ・アカデミー」高崎店・前橋店にて取扱い中
煥乎堂書店・前橋本店にて取扱い中

堤 美代詩集「野の銃口」A5判105頁・1600円+税

「なっから凄え」桜吹雪に職人も消ゆ
永遠は我が内にあり此処で待つ
君が背のたんぽぽのぽを飛ばしてやる
我が貌に耳という洞あり水音す


榛名まほろばの詩集F

堤 美代詩集「百年の百合」A5判64頁・2000円+税

町はずれの
古い自転車屋の
ブロック塀に
空あり の看板

「空あり」より


榛名まほろばの詩集E

飯島章詩集「陽なた坂」A5変型版110頁・1600円+税

このような詩人の心の揺れやぶれが、単なる抽象的なモノローグに終わらずに、「記憶という具体性」の裏打ちを得て叙述されているだけに、本書の説得力は極めて高い。随所で読者の胸がキュンとなる所以である。ー清水哲男ー(上毛新聞・書評欄)

言葉それ自体が作品として独立しようというのでなく、むしろ作者の個人的な感想のままであり続けようとするのが、思わぬ新鮮さを生んでいる。ー安藤元雄ー(讀賣新聞・文芸欄)


榛名まほろばの句集・まほろば文庫シリーズ

奧 重機句集「青鷺」文庫版73頁・800円+税

妻帰る巨峰甲斐路の香連れ


榛名まほろばの句集・まほろば文庫シリーズ

本田和也句集「春あらし」文庫版65頁・800円+税

爆心地マロニエの木々瑞々し


榛名まほろばの詩集D

関根由美子詩集「つり橋」A4版フランス装96頁・1700円+税

夢の中で
彼岸の父が言った
〈セーラー服を着て
泣いているゆみこが好きだよ・・・・・〉

「侘助」より


榛名まほろばの写真集

TON TON著・写真集「素顔花花」B5変形版66頁・1300円+税

花切りバサミを持つ手にプラスティックレンズのトイカメラをもって、花々を真四角な世界にきりとりました。使用カメラはホルガという中国製。


榛名まほろばの絵本

あさひはつこ著・絵本「うふっ」A4変形版26頁・1000円+税

日本画家として日春展入選の経歴を持つ著者が「本当に描きたい世界」を求めてたどり着いた幻想的な絵本の世界。これは不思議な猫の本。
うふっ、ちりちりちりり、と猫が・・・。


榛名まほろばの詩集Bまほろば文庫シリーズ

富沢 智詩集「あむんばぎりす」文庫版142頁・600円+税

自分の落し所を探す中年男の、シニカルな苦笑にふと胸を衝かれるとき、そこに詩が佇んでいるのに気づくだろう。
谷川俊太郎・帯文より


榛名まほろばの詩集A

中澤睦士詩集「新しいパン屋」1500円

新しいパン屋が
五月の駅前にできた

区画整理の波の中
新しい商業施設の一環として
まだ作りかけの町姿を
はにかみの胸張りで背負い始めた

「新しいパン屋」より


榛名まほろばの詩集@
富沢智詩集「大人の日」1500円


送料・郵便振替手数料・サービス
ご注文・お問い合わせはこちらへ折り返しご連絡いたします。
〒370-3504 北群馬郡榛東村広馬場1067-2 「榛名まほろば出版」 富沢 智
電話・FAX 0279−55−0665


郵便振替・口座番号 00540−5−80479 口座名称・富沢 悟(本名)


◆ 榛名まほろばの本 ◆

 

@ 大人の日 富沢智詩集 ¥1500(税込み) 2003年8月刊
A 新しいパン屋 中澤睦士詩集 ¥1500(税込み) 2005年12月刊
B あむんばぎりす 富沢智詩集 ¥600(税別) 2006年6月刊
C うふっ 絵本・あさひはつこ著 ¥1000(税別) 2006年9月刊
D 素顔花花 TON TON写真集 ¥1300(税別) 2007年2月14日刊
E 生まれ来る季節のために 井上優詩集 ¥1500(税別) 2011年8月16日廃刊
F つり橋 関根由美子詩集 ¥1700(税別) 2007年6月27日刊
G 陽なた坂 飯島章詩集 ¥1600(税別) 2008年8月5日刊
H 春あらし 本田和也句集 ¥800(税別) 2008年8月15日刊
I 青鷺 奧 重機句集 ¥800(税別) 2008年8月15日刊
J 百年の百合 堤 美代詩集 ¥2000(税別) 2010年1月18日刊
K 野の銃口 堤 美代集 ¥1600(税別) 2012年7月24日刊
L 26個の風船 大橋政人詩集 ¥2000(税別) 2012年9月1日
M 問いは生きている 平方秀夫第七詩集 非売品 2013年1月15日
N ゴッタ 佐伯圭詩集 ¥2000(税別) 2013年6月20日
O 榛名山麓はくぶつ日記
栗原直樹著 ¥1400 2013年11月1日
P 背後の色彩 渡辺慧介詩集 非売品 2013年12月1日
Q 青景色蛙御殿 木村和夫詩集 ¥2500(税別) 2014年3月20日
R 乳茸狩り 富沢智詩集 ¥2000(税別) 2014年6月30日
S ネオ・エッダ 佐伯 圭詩集 ¥1800(税別) 2015年1月15日
21
僕は僕の船でゆく 立川裕也詩集 ¥1800(税別) 2015年4月20日
22 ゆるがるれ 堤 美代一行詩集 ¥1500(税別) 2015年5月15日



◆ 同じ著者による詩集 ◆

 

水辺の机 富沢智詩集 ¥2500(+税) 砂子屋書房・1998年刊
泡陽 中澤睦士詩集 ¥2000(+税) 詩学社・2000年刊
春の居場所 中澤睦士詩集 ¥2500(税込み) 詩学社・1997年刊




自費出版承ります。



mahoroba・TOPへ