まほろば日誌18


4月23日
火曜日、先ずはゴミ出し。朝ドラを観ながら朝食。今度のドラマは面白い。1964年の茨城県が舞台ということで、親近感ど真ん中。2020年東京オリンピックに
向けての見え見えの企画なのだが、狙いにハマってやろう。
 水曜日、まほろば句会。出席、もなか、やすみ、三毛猫、千聖、紫泥、ひろ、まひる、智水。ネット参加、あんこ、けんじ、りょう。兼題「山吹」。伊香保温泉旅館の
雇われ女将として忙しい千聖さんが、ひさしぶりに参加して賑やかな句会になった。

 「花の夜部品に星のかたちかな」あんこ。部品という硬質なイメージから、タンクに赤い一つ星「湘南爆走族」を連想しました。もちろん、特選。
 「春愁や艶々とある力石」りょう。力石とは、見るところが違います。力自慢の集った場所と言えば、寺社仏閣の境内。桜も見えますね。
 「それぞれに向きあり桜蘂降れり」けんじ。桜の花の付き方にうんちくあり。蘂降りも意表を突いたか。
 「山吹にたぶらかされて森深し」智水。思わぬ高得点に、してやったりとほくそえむボク。中七のあざとさがちょっと気になりますが。
 「花の風一片こんなところまで」三毛猫。外は花嵐、対比の妙に納得です。
 「光芒は神の後輪花曇」千聖。ほおほお、なんと神々しい景が浮かんでくるではありませんか。
 「杖をつく己の影や夏隣」紫泥。これは、また光の位置が逆のようです。まさに光と影の織りなす絵模様の不思議。
 「山吹のひとひら背なに猫帰還」まひる。この花嵐の中をどこで遊んできたのやら。お帰り、楽しかったようだね。
 「春の月猫の鈴音微かなり」やすみ。三毛猫さんから特選。猫好きの俳人多数。猫ものはねらい目ではあります。
 「はるかより雲湧く朝つがひ蝶」もなか。亡くなったご主人は蝶の愛好家として有名でした。味わい深い句でした。
 「あくびして花を見に行く時間かな」ひろ。とぼけた景のようですが、施設暮らしの皆さんには、そういう時間があるようです。

 木曜日、ゴルフの練習。運動のつもりで週一回は続けているが、減量効果は全く無く、腕前の方も手応え無し。閑な一日。夜、Sさん長話。
 金曜日、ゴミ出し。近所のKさんに水道の部品をお願いする。カートリッジ交換だが、今回は二年も保たなかった。さりとて、直さないわけにもいかない。
 土曜日、忙しい日。夜、14人の宴会。その準備をしておいて、同じ団体の総会に出席する。まほろばに戻って、待機していたカミさんと料理出し。スタートが遅い
ので、終わりも遅くなる。後片付けをして零時過ぎ。
 日曜日、朝八時より道路愛護。準備があるので早めに起きる。作業用品、手配物の確認、挨拶をして作業開始。ゴミ袋を回収して所定の場所へ集積。一時間ほ
どで終わるのだが、地域の全体作業なので気を遣う。やれやれ。昨日の宴会仕様を戻しながら開店準備。さすがに寝不足。奥の部屋で、たまらず一眠り。こういう
日は閑でいい。夕方、常連さんが入って、皆引けた。さて、明日も朝から浄化槽の清掃業者が入る予定になっている。日々のことをひたすら成そう。
4月17日
今週は村会議員選挙。火曜日、立候補受付。どうやら選挙戦突入の気配。
 水曜日、定員14名、立候補15名という少数激戦。まほろばは、従来より選挙には関わらないという姿勢。さりとて関心が無いわけでもなく、それなりに翻弄され
てもきた。
 木曜日、選挙カーが走り回る。それぞれの陣営への気配りか、お店は暇。お祭りと選挙はサービス業の敵だ。
 金曜日、早朝の電話で起こされる。選挙だ。巻き込まれたくなくとも対応を迫られる。スジを通しながら柔軟に対処する。もう立派な老人なのだが、青臭さを隠せ
ない。
 土曜日、今度の月曜日は大荒れという天気予報。午前中、田んぼにトラクターをかける。聖宮神社の春の祭典。代々神楽が奉納され、餅が撒かれる。役目柄で
はないが、ちょっと顔出し。選挙戦最終日、戦法は各陣営それぞれだが、熾烈。店に戻ると、お神楽の打ち上げの予約。少年野球の予約も。前言訂正。お祭りのお
かげも少しはある。今朝、北朝鮮有事のXデーかと囁かれていたが、ミサイル発射失敗のニュース。そのまま妙に淡々と過ぎる。何か変だ。
 日曜日、母を連れて先ずは投票。ウチは投票行動は各自尊重。票の行方は問わない。母が手間取っているが、書いてやるわけにもいかない。ちゃんと書けたか
い?ああ。午前中は、トラクターの続き。田んぼがでっかいので半分残して、まほろばへ。午後から常連さん。夜はJAZZの練習。近所のKさんが二歳の娘さんを連
れて見学に。この娘が今夜のアイドル。物怖じしない態度でマラカスをシャカシャカ。23時30分。群馬TVで開票結果。ふむ、順当か。
 定休日。カミさんが散歩を始めるという。いつしか止めていた五千歩コース。それから昨日の続きのトラクター。午後、予報通り風が出てきた。ついでに畑三枚。そ
の後、カミさんと前橋まで仕入れ。夕方、しんとう温泉ふれあい館。晩酌。一眠りして、これは自宅のパソコンで書いて、えい、貼り付け。
4月9日
 火曜日、先ずゴミ出し。カミさんが朝食の用意をしている間のゴミ出しは私の仕事。金曜日と週二回。危険物が月二回の水曜日。水曜日はお店用のおしぼり配
達の日。こうした基本のスケジュールに合わせて各種予定を調整する。今晩は14名の宴会。仕入れ、仕込みを万全に。オカリナ教室様、ありがとうございました。
 水曜日、カミさんはベースのレッスン。私は飲食店営業許可書の交付を受けに、渋川保健所へ。夜、地域水道事業の会議。同じ役職の同級生三人がコーヒー
を飲みに寄ってくれた。情報交換。
 木曜日、午後1:30から会議。環境美化推進協議会の総会。月に一度、資源ゴミ回収という仕事もしているのだ。一時間ほどで無事終了。まほろばに戻る。
 金曜日、前橋で午前10:00〜という臨時会議。ちょっと心配していたが、全員一致の案で決着。よかった、よかった。
 土曜日、夜15人というアバウトな予約を受けていた。予算が決まっていないので、通常メニューを中心に仕込み。島田千鶴さんの訃報。息子さんから様子を聞
いていたので、とうとうという思い。電話、メールなどで、対処。夜の宴会、ビール26本。大忙し。少年野球の皆さん、毎度ありがとうございます。
 日曜日、田口三舩さんを高崎で拾って藤岡の浄土宗一行寺へ。小雨模様。境内の桜が満開だった。家族葬ということで、私たちを含めて七人。御遺骨と遺影。
戒名が読み取れた。桜雲千香信女。遺影が微笑んでいた。合掌。田口さんを高崎で下ろして帰宅。まほろばでは、カミさんたちのハワイアンバンドの練習が続い
ていた。おや、中澤睦士さん。雨は止んだが、風が出てきた。夕方にかけて春の嵐。夜、「あすなろ忌」に行ってきた、と臼井三夫さん。盛会だったとのこと。なに
より。明日はトラクターをかけながら、農地の見回りをしよう。ひとつ提出しなかればならない書類もあったな。
4月3日
 さっきまでトラクターをかけていた。穏やかな日だったのに、一天にわかにかき曇り風と雨。トラクターはオープンカーなので、自宅まで戻るにはずぶ濡れになり
そう。ジャガイモを植えていたカミさんと定休日の「まほろば」へ避難。天気予報は、北西の風、夕方、雷を伴って一時雨、のち晴れでしょう。ううむ、その通りのお
天気。午前中はお医者さんへ定期検診。戻って配りモノ。11:15分上映開始の「チア・ダン」をイオンシネマで観た。春休み中の少年少女でほぼ満員。予想通り
の内容と出来映え。これまた満員のフードコートで昼食。で、トラクターという順番。雨、止んだね。もう少しで終わるところだったので、やってしまおう。
 先週は年度末の月末なので、支払いやら帳簿の整理、忘れていることはないか、など。ひとつ忘れていたことに気付いて焦る。阿弥陀堂保存会の会費徴収の
時期だった。センバツ高校野球。健大高崎、ベスト8敗退。プロ野球開幕。千葉ロッテ、開幕3連敗。春だ。
 今週は、宴会ふたつ。平日は会議が三連続。農作業もやらねば。
3月27日
 水曜日、まほろば句会。出席、もなか、やすみ、紫泥、ひろ、まひる、智水。欠席投句、三毛猫。ネット参加、あんこ、けんじ、りょう。兼題「土筆」。

 「いくさよあるなつくし野へつづく空」もなか。オスプレイ飛来と相馬ケ原の景を見事に重ね合わせていますね。さすが、お師匠さん。
 「つくしんぼ揺れて膝小僧抱いて」あんこ。まひる、紫泥さんから特選。素直という技巧が光る句ですね。
 「最後まで持ちしジョーカー花の夜」りょう。つい深読みしたくなりますが、どうやらこれも素直なトランプ遊びのようです。
 「不揃ひなままに土筆の揺れてをり」けんじ。これこそ、そうだなあと素直に頷ける句でした。
 「独活の香や若き母住む萱の家」まひる。まだ若かった母が、実家の裏庭で独活を掘る景を詠み込んだ句。まひるさんには珍しい思い出の記。
 「野火走りやがて紅蓮の遊水池」紫泥。渡瀬遊水池の野火焼きの様子が、地元新聞の一面に載っていたのは数日前のことでした。
 「新月の尖のまるくなる朧」三毛猫。新月の尖とは、いかなる景なのかと議論沸騰。
 「風吹いて縮こまったかつくしんぼう」智水。他の自信作はことごとく選外。ううむ。
 「梅園に印半纏柄の足袋」ひろ。なんとも威勢のいい句ですが、実景だそうです。
 「つくしんぼさえずる声や白い雲」やすみ。三段切れはいけません、という指摘をめぐってひとしきり。

 木曜日、「水の呪文」46号発送。
 金曜日、聖宮神社、春の祭典幟立て。早朝6時集合。当番さんの大事な仕事。地域の皆さんの協力で無事に。天辺に梅の花。夜、宴会ひとつ。
 土曜日、群馬詩人クラブ幹事会。会報300号発送作業。夜、早仕舞いして地域の役員引き継ぎ会議と慰労会。
 日曜日、幟下ろし。霙交じりの早朝。下ろす方が楽です。皆さん、ご協力ありがとうございました。センバツ高校野球、前橋育英、敗退。健大高崎、延長15回引き分
け再試合に。前の試合から連続の再試合は史上初とか。夜、宴会ひとつ。
 今朝も氷雨。午前中は、米つき、仕入れ。午後、引き継ぎ会の費用精算。そのまま、渋川の病院へ友人のお見舞い。意識不明で一ヶ月、意識が戻ったが脳の損傷
が心配ということだった。会ってみて、あまりのことにショックを受ける。竹馬の友まで判らない様子。映画の世界に入ったような感じ。意識は戻ったが、アイデンティティ
が失われたままの人を見るのは悲しい。ショックで車の運転も辛かった。カミさんの実家に寄って、ようやく落ち着いた。温泉に入って、さて家に帰ろう。
3月20日
 火曜日、須田芳枝さんと関根由美子さんがひさしぶりに。もう一組入ってきて、ランチタイムらしい賑わい。その後も客足の切れない一日。有り難い。
 水曜日、ぽちぽちとお客さん。まあ、こんな日があってもいい。溜まっている仕事を片付ける。帳簿の整理、会議の打ち合わせなど。
 木曜日、カミさんはベースのレッスン。郵便局、JAと回って通帳記帳。お店はひっそり。
 金曜日、役場で住民票一通。ゴルフの練習。灯油を買ってスタンバイ。お店はひっそり。
 土曜日、夜、育成会の総会と慰労会。ちょっと予定人数が減った。お母さんたちの宴会なので、お酒控えめ。華やかにお喋りして散会。
 日曜日、中澤睦士さん、いつも通り。名月堂さん。今夜は、地域の親睦会の総会と慰労会。こちらは来賓として招かれてもいる。いつもご利用ありがとうございます。
お母さんたちとは違って呑む。食べる。実質的に地域の行事のほとんどを担う主力部隊。話題も濃密になる。中締め後の居残り数名と遅くまで。
 月曜日、定休日。午前中、お墓参り。カミさんとアーツ前橋で、加藤アキラ展[孤高のブリコルール]を観る。まほろばの「ブリキの風船」(連環)が再制作されている。
キラキラと光る存在感は圧倒的だ。それ以外の加藤さんの作品を観るのは初めてだった。壮観だった。閑散とした前橋市内の外れで食事。業務店で仕入れ。セン
バツ高校野球、前橋育英×中村戦を観ながらここの更新。5ー1、前橋育英、センバツ初勝利。さて、お風呂に行こう。
3月13日
火曜日、鉄屑処理業者の手伝い。どうも金属専門のようで、洗濯機など、プラスチックの多いモノは避けたい様子。それでは困るので手伝いをしながら積み込む。
それに、処理費用など請求されては話が違ってくる。ユニックは付いているものの一人なので、旦那さん旦那さんと、いいように使われてしまった。2tトラック一台分、
我が家の歴代の金物遺物が天辺に洗濯機を掲げて運ばれていった。もちろん、処理代無し。しかし、コンクリートから生えていた鉄筋まで切断して持っていったとこ
ろを見ると、いい値で売れるのかも知れない。戦後の朝鮮戦争特需などで、金物が売れた時代があった。なんだか、嫌な感じがしないでもない。
 木曜日、日米合同訓練で、本土では初めてオスプレイが飛来した。たまたま、JAの役職会議があったので、終了後、演習地に立ち寄ってみた。反対の横断幕を
掲げた一団が飛行場入口に並んでいたが、さほどの緊張感もなく、冷静な野次馬がそれぞれのポジションについているという風情。ぐるりと回ってみたが、どうやら
訓練の合間であったらしく、まほろばに戻ると異様な爆音が上空を通過した。オスプレイは米軍所属なので、常周経路という、自衛隊ヘリの飛行規制を無視して飛び
回っているようだ。独特の爆音だが、一機だけの爆音とすればCHヘリの五倍、十倍という騒音ではない。編隊で来れば、また違った印象になるのかもしれませんが。
それよりも、問題なのは離着陸時のエンジン噴射だ。機影の前後に相馬ケ原に立ち上る盛大な土煙は何事かと思った。常駐しているCH輸送ヘリも同様の訓練を
していると思われるが、演習地でのどんな出来事にも驚かない基地の村の住民としても、初めて見る光景なのだ。前橋から来たお客さんも、あの煙は何?と尋ねる
始末。あれだけの土煙を巻き上げて離着陸すればエンジンの整備も大変だろう。整地された飛行場を持つ部隊でないと無理ですね。
 金曜日、村のシルバー人材事業の人たちに、自宅とまほろばの植木を整理してもらった。鬱蒼としていた森の館がすっきりして、なんだか恥ずかしい。
 土曜日、退女教・作品展の打ち上げ茶話会。カミさんのハワイアンバンドの演奏会付き。大忙し。同窓会の相談という予定外の一組も入って、交通整理にあたふた。
 日曜日、カミさんが出かける予定になっていた時間帯に忌中払いの予約が入った。仕込み万全で、料理出しを済ませて送り出す。後片付けをしていると、これから
数名で、という予約。はい、お待ちしています。夜はJAZZの練習も入っている。仕込みを十分過ぎるほどしておいたのに、使い切ってしまいそう。そこへ、土屋文明
記念文学館で行われた「高橋順子・講演会」の帰りだという、金井裕美子さん、神保武子さんたち。JAZZの関係者も集まり始めて大忙し。いつもは閑ですから、忘れ
ないでくださいね。お店は、来ている人たちのモノになってしまいますからね。JAZZの人たちも、次々とやってきて、この日はお昼も食べずに働き詰め。WBC野球。
メジャー揃いのオランダとの死闘をパリーグのサムライたちが制した。
 今朝は早起きしてゴルフ。何故か渋川CCは大盛況。7:47というスタートしか空いていなかったそうで、Yさんと2バッグであわててスタート。あれだけ練習したという
のに当たらないのには愕然。出だしの3ホールは無かったことにします。無風、曇り。ハーフを上がったのは9:30。遅い朝食をゆっくり食べて、午後は落ち着いて回れ
ました。早めに帰れたので、仕入れに前橋まで。人権相談の仕事だったカミさんも帰ってきた。お疲れ様。さて、今週も忙しいぞ。
3月6日
 木曜日、保健所の立ち入り検査。確認事項は知らされていたので、ちゃんとチェックしておいた。問題なし。あっという間に三月になって、年度末の行事が押し寄せ
てきた。夜、地域の相談事で緊急会議。なかなか難しい問題が起こるものだ。
 金曜日、誕生日。なんと66歳になってしまった。やらなければならないことが重なっている日は閑がいい。「水の呪文」用の原稿書き。確定申告用の数字も出し
ておかなければならない。おっと、お客さんだ。
 土曜日、退職女子教員の会・第二回作品展の搬入日。書、油絵、手芸、写真、絵手紙など、皆さん元気に過ごしておられます。11日までです。おでかけ下さい。
 日曜日、隣の公民館でイベント。蓮池薫氏の講演会。終了後、どっとというほどではないが、お客さん。歳のせいか、忙しくなるとパニクる。ようやく引けて、まったり
しているとお客さん。あっ、小宴会を受けていたのだった。承知はしていたが、内容を確認していなかった。地域のKさんだったので、いつでも確認がとれると思って
いたのだった。6名だったことと、会議をしてからということで、間に合った。冷や汗。
 定休日、確定申告の相談日。午後からだったので、午前中は自宅のゴミ整理。午後、役場へ。今日から相馬ケ原で日米合同訓練。反対集会も行われた様子だが、
演習地周辺も役場もひっそり。税務相談は同じ一族のMちゃんだった。朝方、大型バスで抗議集会参加者やマスコミが集まっていたが、実際の訓練が今日からという
ことではないらしい。毎年のことながら確定申告は大変だ。それでも丁寧に指導してくれるので、無事終了。カミさんと仕入れに前橋まで。夕方、廃品回収業者が、鉄
屑を処理させてくれと言って来ていると、カミさんから電話。解体したビニールハウスの鉄骨など、どうしたものかと考えていたところだったので、渡りに船。屋敷周りに
錆びていたあれやこれや、農業用資材、農機具備品など、大量に処理してもらうことに。そんなわけで、今夜は温泉はお休み。ずいぶん働いた定休日だった。
2月27日
 月曜日、11時よりK氏尊父葬儀。カミさんはフラ。午後、仕入れに前橋まで。夕方、フラから戻ってきたカミさんと「榛東温泉ふれあい館」へ。夜、強風。自宅の屋根
瓦が数枚吹き飛ばされた。こんなことは初めて。
 火曜日、砂子屋書房の田村雅之さんと電話で近況など。上毛新聞Tさん、Sモータース、近所のSさんなど、来客しきり。お店は閑。
 水曜日、堤美代さんが久しぶりに。すると、ランチのお客さんが二組。おやおや、忙しくなったぞ。そのまま、夕方まで途切れずに、「まほろば句会」になだれ込む。
出席、もなか、やすみ、紫泥、ひろ、三毛猫、まひる、智水。ネット参加、あんこ、けんじ、りょう。兼題「鶯」。やすみさんは、初参加です。

 「沓跡の踊ってゐたる春の雪」三毛猫。ひさしぶりにやってきた三毛猫さん、堂々の一等賞です。
 「たんぽぽの絮吹きつづけゐて無心」もなか。吹きつづけ、が人がなのか、たんぽぽがなのか、という議論がひとしきり。私は、人が、と受け止めました。
 「輪郭をやはらかくして春の山」ケンジ。このところ、ケンジさん、好調です。今月もあわや全句入選という勢いでした。
 「ふきのたう時の光をてのひらに」あんこ。時の光、の解釈に意見多数。春の光では重なるが、言い得て妙なりと。
 「学生寮『有斐学舎』や梅真白」りょう。こういうのは文句無しに好きです。
 「如月の土に老僧屹立す」まひる。ちょっと凄すぎ。出先での講演会が、新米教師時代の教頭さんだったそうで、気持ちが勝ったみたいですね。
 「春立つ日友に約束破られぬ」紫泥。なんだか心配になりましたが、その後和解したそうで、一安心。
 「鶯の行きつ戻りつ井戸の端」智水。自宅のキッチンから裏藪を覗いた実景です。平凡過ぎますが。
 「うぐいすや源氏の君のつらなさけ」やすみ。つらなさけ、とはと議論沸騰。つれないそぶり、ということで納得ですが、つらなさけ、と言い捨てる爽快感がありますね。
 「雨土天地かえし寒風さらす」ひろ。農耕の天地返しにピンと来れば分かるのですが、並べすぎかも。

 木曜日、一転して閑。一喜一憂しても仕方なし。夜、早仕舞いして会議。社会福祉協議会の地域見守り事業。個人情報の取り扱い注意。
 金曜日、交通事故で入院中のTちゃんの作業小屋が風の影響で乱雑になっている。竹馬の友ということもあるが、道路まで飛ばされそうな資材があるので片付ける。
 土曜日、夕方、同級生のSくん、Kくん。Tちゃんの容態を確かめに病院に行ってきたと。面会謝絶。焼酎2本目を入れて、Kくん、蹴躓いて倒れた。元救急隊長のSくん
に、大丈夫か?意識があるから大丈夫。やれやれ。
 日曜日、午後から常連さんが集結。夜はJAZZの練習。仕込みの予想がピタリと当たって15人前のオーダーもスムースに。皆さん、ありがとうございました。
2月19日
 火曜日、午前中、上毛新聞のKさん来館。お互い歳をとったのを確認。午後、ふらりと同級生のKクン。痩せて体調も悪そう。事故で入院中のTちゃんの容体確認。
 水曜日、資源ゴミの当番。ペットボトル、空き瓶三種、新聞紙、アルミ缶の回収立ち会い。気がついたので、コミセンの暖房用灯油の補給。
 木曜日、店舗営業許可の継続手続きに渋川保健所へ。継続申請書と現在の許可書、食品衛生実務講習会修了証、食品衛生責任者プレートを持参。申請手数料
12800円。一般食堂の継続許可を申請。三月に立ち入り検査をうけて、向こう七年間の営業許可が下りる予定。よくぞ、ここまでと、少し自分を褒めたい気分。
 金曜日、仕込みをしてからゴルフの練習へ。ちょっとオーナーにお願いしておいたことがあった。名産のでっかい白菜をいただく。閑な時は資料整理をしましょう。
 土曜日、大橋政人さんの詩集『まどさんへの質問』が三好達治賞を受賞したという記事。おお、これが先だったかという感じ。前詩集「26個の風船」も候補に上ってい
たのを版元として知っていた。やはり出版社の力不足かと申し訳なく思っていたので安心した。早速、本人に電話。群馬詩人クラブの事務局としては、あれこれ意向を
伺って幹事会に相談メールを発信。更なる受賞の可能性もあるのを承知しつつ、先ずは、おめでとうございます。
 日曜日、井上敬二さん来訪。別件を済ませて立ち寄ってくれた。幹事なので、あれこれ下相談。入れ替わりに佐伯圭さん。こちらは土屋文明記念文学館の記念講演
・絲山秋子「文学と方言」に行く途中。もちろん、幹事としての打ち合わせも。二人ともランチ。ありがとうございました。
 さてさて、二月は早い。確定申告など、やるべきことをやっておかないとバタバタになるぞ。
2月12日
 月曜日、床屋さん。カミさんはフラ。ちょっと時間が空いたのでイオンシネマで「破門・ふたりのヤクビョウガミ」を観る。佐々木蔵之介の極道ぶりが最高。テンポの良い
展開と関西弁を堪能。帰宅してカミさんと「やすらぎの湯」へ。寒い。
 火曜日、カミさんは味噌作りで前橋へ。思いついて藪の整理。何本か竹が倒れているのが気になっていた。チェンソーで、その辺りを10本ほど伐る。枝を払って隣家
との境に積み込んで一区切り。から風が大げさに騒いでいた。
 水曜日、木村和夫さん、コーヒーとお米。夜、近所のHさん、Kさん。
 木曜日、母を連れて郵便局へ。簡易保険の継続手続きが未了だった。書類を揃えるのが大変。本人確認のもとで代筆。母はどこまで判っていることやら。あまり説明
してもパニックに陥るので淡々と済ませる。雪の予報もあって、開店休業状態。夕方から雪。
 金曜日、それほどの積雪ではないが、軽トラックでゴミ出し。道路状況もこれなら問題なし。前橋まで仕入れに走る。戻って、事故で入院中という同級生の様子を聞き
に寄る。重体のようだ。Sさん、地域のことで情報交換。お客さんが来ないので長話。
 土曜日、孫の世話で千葉に行っていたYさんが久しぶりに帰ってきた。お友達を誘って報告会という趣。常連さんでカウンターが埋まるのも久しぶり。朝志師匠、名月堂
さんも。夜、地域の役職の相棒Mさんが情報交換に。売り上げ協力の焼酎を呑みながらあれこれ。そこへ同級生のSくんが情報収集に。
 日曜日、隣の公民館で森林組合の総会。駐車場から溢れた車が周辺道路に並ぶという恒例の風景。ボクも組合員なので歩いて受付へ。同級生も多く、やはり事故の
件をしきりと訊かれる。終了後の記念品を手にすると、あっという間に散会。
 中澤睦士さん、田口三舩さん。そこそこに忙しいランチタイムもあって、和尚さん、Yさんなど。ちょうどよい日曜日の賑わい。今朝、北朝鮮がミサイル発射。アベ総理訪米
しての日米会談の最中をねらっての行動。なにがあっても、だれにもその日にするべきことがある。
2月5日
 月曜日、ワープロ修理の「Fビデオ」に行ってみた。ネットで調べたら前橋市内にあるらしい。噂には聞いていたが、この方面では有名のようだ。ちょっと分かりにくい
立地。それでも土地カンのある方面。一応グーグルで確認して電話。話し中ということは、在宅だろうということで出発。中央大橋から前橋市内を一直線に大胡方面へ。
ナビがないのでちょっとウロウロしたが、30分もかからずに到着。店舗というより作業部屋。福島から避難してきている技術屋さんだ。これなんですが、とNEC文豪ミ
ニ7GXを下ろす。ざっとの見積もりを聞いて預けてきた。10年ほど使い、18年放っておいたもの。大量のMF2DDのデータファイルを取り出すには本機を修理するの
が確実と、やっと気づいたわけだ。余勢を駆って、もう一つ頓挫していたUSBフラッシュメモリの修復をネット検索。これは、ちょっと勘違いして目的外の業者と接触し
てしまった。気がついて、丁重にキャンセル。
 火曜日、ネットのフリーソフトでUSBデータ修復を検索。いくつかダウンロードして挑戦。なんと、そのうちのひとつが侵入に成功。バックアップをとっていなかった多数
のファイルを救出できた。そこへワープロ修理も完了の電話。キーボード交換など、重傷だったが、さすがプロ。費用も妥当、いや、安い。
 水曜日、朝一番で前橋市内を一直線。プリントアウト用の感熱紙を求めて、帰り道にあった文真堂書店に寄る。感熱紙はなかったが、清家雪子「月に吠えらんねえ」を
三巻、大人買い。まほろばに戻って愛機に通電。あれ、使い方を忘れてる。いじっているうちにデータファイルの読み込みに成功。30年前の文書一覧が鮮やかに甦った。
 木曜、金曜と営業の合間に、これはというデータをプリントアウト。漠然と考えていた分量をはるかに超えて300枚の用紙が終わってしまった。二件とも、どこかで諦めて
いたのだが、命がつながった思いだ。補足しておくと、プリントアウトした文書をスキャンしてパソコンデータに置き換える作業が残っている。これとても、文字スキャンなど
10年前には一般化されていなかったのだ。
 今週は、閑散期の仕事としては上出来な成果があった。一方で、竹馬の友の交通事故の知らせも入った。金、土、日とお店もまずまず。明日は床屋さんに行く予定だ。
1月29日
 水曜日、まほろば句会。出席、もなか、紫泥、ひろ、まひる、智水。欠席投句、三毛猫。ネット参加、あんこ、ケンジ、りょう。兼題、室の花。

 「すずなすずしろ縦書きの日記帳」りょう。得点がバラけたなかで特選二人という句。ベテランの力がこういうときに分かります。
 「手袋の指の先から解かれおり」ケンジ。ほんと、外は寒かったですね。ケンジさん、全句入選という好調さでした。
 「雪降り積む満毛開拓語る人」まひる。当地から戦前の満毛開拓団として渡り、引き揚げてきた人多数。紫泥さんの地区と一緒だったのも奇縁でしょう。
 「室の花手首の傷の垣間見ゆ」あんこ。まひるさんの特選でした。物語が見えますね。
 「粉雪や手に乗せてみて瑞瑞し」三毛猫。ひろさんの特選。同じ景を詠もうとして巧くいかなかったとか。そうですね、よくあります。
 「去年今年冬大三角の中を行く」紫泥。大きな景です。あまり星座に詳しい方ではないので、ひとしきり拝聴させていただきました。
 「仄明かりの深夜劇場室の花」智水。同居人からの1点というのが不満ですが、まあいいでしょう。
 「赤城山冬榛名山妙義山」ひろ。これを上毛三山といって、群馬では運動会の組は普通にこれを名乗ります。季語は動きますが、きっぱりと冬です。
 「縄文の竈跡熊鷹の天」もなか。実景だそうです。八ッ場ダム工事現場で発掘されたそうですが、あまり報道されていませんね。

 土曜日、群馬詩人クラブ幹事会。カミさんの関係の「四季の会」と一緒になり、ランチタイムは大忙し。その後もウクレレの会などで、遅くまで。ありがとうございました。この
時期は、正月行事が過ぎると閑になる。それにしても、客足の落差が激しい。日曜日だというのに、今日は閑古鳥。まさに厳冬期という趣になってきた。
1月23日
 月曜日、イオンシネマで「君の名は」を観る。なんとなくスルーしていたのだが、たまたまやっていたのでカミさんと飛び込んだ。けっこう泣けますね。タイムスリップや人格
入れ代わりなど、オカルトチックなストーリーは嫌いではない。いや、空想少年としては大好きなのだ。さすがに観客はまばらだったが、観ておいて良かった。トイレから出て
くると朝志師匠が居る。これから「本能寺ホテル」を観るところだという。師匠、FM尾瀬のパーソナリティーもしていて、ネタ作りに映画鑑賞は欠かせないらしい。
 土曜日、その立川朝志師匠の「まほろば新春落語会」。またしても寒波襲来。雪の予報がでていて席亭としてはハラハラ。吹越しのような雪が朝八時頃まで舞って、薄日
が射してきた。よし、これで大丈夫。午前中は短歌会の昼食会。晴れたとあって、当日参加の問い合わせもいくつか。開演前には、予想外の大盛況となった。師匠は張り切
り、席亭も一安心。「半分垢」と「明け烏」の二席。艶っぽい噺に、女性の多い観客もにやにやと。打ち上げも大盛り上がりで、よかったよかった。
 日曜日、相馬中学同窓会の昼食会を受けていた。これも雪ではキャンセルもやむなしということだった。穏やかな晴天に恵まれて予定通り。この日は、何故か次々とお客
さんがやってくる繁忙日。お昼を食べる間がないという忙しさ。夜はJAZZセッション。閉店までてんてこ舞いの一日。お客さんの切れ目がないと本当に疲れます。いや、皆さ
んありがとうごいました。
 定休日、カミさんはランチにでかけた。まほろばの掃除をして、これから「14の夜」を観に行こう。
1月15日
 土曜日は道祖神の小屋作り。木曜日に自宅の藪整理をしながら竹の葉、古竹などを軽トラックに積んでおいた。育成会が中心だが、お母さんたちでは小屋作りは出来な
い。若衆組の親睦会と、古老の監督が必要だ。私は10:30分までに高崎へ行かねばならないと区長に伝えてあった。その区長も葬儀で早抜けしたいと。かくて、私はカミ
さんを区長は息子を交代要員に残すという手はずに。骨組みの青竹の伐り出し、枝打ちをしたところでタイムアップ。区長とカミさんに目配せして抜け出す。
 10:15分、シネマテーク高崎到着。飯島章、田口三舩さんと合流。佐伯圭さん、真中てるよさんなど、声かけした人の顔がみえた。今期最強の寒波に大雪注意報が出て
いたというのに、8割方が埋まる盛況。福間健二監督作品「秋の理由」の上映開始。
 伊藤洋三郎、佐野和宏、趣里、寺嶋しのぶ、という四人の迫真の演技を堪能。原作は、詩人、福間健二の2000年に出版された同名の詩集。前夜に一読しておいたのも
効いた。見応えのあるシーンがいくつも残った。終了後、舞台挨拶と朗読。パンフレットにサインを求める人の列が続く。その間、滞留している人たちの中に知り合い多数。
最後尾でサインを貰い、金井裕美子さんに手配してもらっていた駅前の和食「さわ」へぞろぞろと。人数を数えると10名ほど。予約の倍になって、ちょっと慌てる。
 ランチをいただきながら和やかに歓談。福間監督は焼酎、飯島さんは生ビール、ボクはノンアルコール。皆、活発に意見、感想、百出。福間監督も機嫌良く、盛り沢山の撮
影秘話を惜しげもなく。やがて、プロデューサーでもある監督夫人も合流して、もうひとしきり。楽しいランチタイムが過ぎて、それぞれ手を振りながら散会。寺嶋しのぶファン
はもちろん、現代詩に拘わる人にも十分なインパクトのある映画だと思います。金曜日までの限定上映だそうです。是非、おでかけを。
 そのまま、まほろばに戻って夜の小宴会の準備。地域の役職の引き継ぎ会。後片付けを終え、帰宅したのは0時だった。異常な寒波は本当で、電気毛布が嬉しい。
 今朝は道祖神のどんど焼き。少し寝過ごして外を見ると雪景色。あわてて支度をして現場に向かう。それほど積もってはいないが、日曜の早朝なので道路はツルツル。
今年から消防団の要請で、点火時間が遅くなっていた。育成会のお母さんたちも準備中。やがて、役員さん、一般の皆さんも集合して焚き火の周りで、甘酒、豚汁などを
味わっていると消防第四分団が到着。点火。雪降りしきる中のどんど焼きも一興です。盛大に燃え上がる小屋をどちらに倒すか、はたまた、どれほどの焼け具合で倒すか、
など、ああだこうだと。やがて、振舞酒に酔う者、繭玉を焼く者、飛び回る子供たち。あらかた引けた後も役員としては後始末をしなければなりません。燃え残りの丸太を
処理したり、焼け跡に土を被せたり、動けなくなった車を押し出したり。帰宅して、ブランチ?を食べて、まほろばへ。
 雪なので、今度は道路の雪かき。幸い、それほどの雪でもなさそう。薄日も射してきて、これ以上は積もりそうもないのでTVで、全国都道府県対抗女子駅伝を観る。群馬
は、主力のヤマダ電機が故郷選手として三県に分散。優勝した京都のアンカーもその一人。選手配分のあおりで、大きく順位を落とすという結果に。
 こんな日にはお客さんも来ない。Yさんがギターの練習に、名月堂が仕事帰りに、Kさんが夜になって。さて、そろそろ帰りましょう。今度の土曜日は「落語会」です。もちろ
ん当日参加でもOKです。初笑いにどうぞおでかけください。
1月8日
 高崎高島屋で行われている「書と篆刻・山本素竹展」に行ってきた。今晩から明日にかけて雪という予報。10日までの会期なので今日がよかろう。営業日なので、一番
で飛び込んで戻る予定。高崎駅前までは、一直線で行ける。開店前の駐車場まで、30分ほどで到着。エレベーター前や車の中でお客さんが待っている。予定通り一番乗
りで5F会場へ。準備中の山本クンに挨拶。一回りしてぼそぼそと近況など話ながらお茶。おっ、水石一盆発見。つげ義春の「石を売る」の水石です。この作品が発表され
る前から彼はこの趣味に興じていたのでした。シュッシュッと霧を吹いて風情を整える。これのいいところは下の部分とか。なるほど、厳かな空間が抜けております。面白け
りゃあいいんだよ。そうだね、じゃあまた。
 午後になって常連さんたちが揃いました。大相撲初場所を観ながら賑やかにお喋り。カミさんとYさんはベースとギターの初練習。氷雨が降り始め、夜になって霙。皆、引
けて、雪にならないうちに閉めましょう。喪中の松の内でしたが、年の初めの葛藤は例年通り。ようやく平常モードに戻りつつあります。
 14日は、シネマテーク高崎で、福間健二監督作品「秋の理由」の上映会と舞台挨拶があります。AM10:30開演に間に合うように出かける予定です。どうぞ、問い合わ
せのうえ皆さんもお出かけ下さい。21日は、まほろば恒例の「まほろば新春落語・立川朝志独演会」です。こちらも賑々しくお出かけ下さい。
1月2日
 喪中につき新年のご挨拶を遠慮させていただきます。とはいえ、地域の役目で会計報告をしなければならない。大晦日には年越し料理の注文を受けていたので大忙し。
いえ、蕎麦屋さんではないので、ピザとパスタ十二人前という注文。それから年越し。すっかり痩せた二番目の弟と、変わりなしの末弟と長男。まあ、大変な年だったけど、
顔が揃ったのはよいこと。
 明けて元旦。暮れから難渋していた会計報告も無事に済んで、乾杯。早めに集まって準備をし、最後まで残って後片付けをする。前の席に座っているのも楽じゃない。な
にはともあれ、今年の初仕事を終えて一安心。カミさんも勝手方の手伝いで同一行動。ちょっと疲れたので、まほろばで一休み。
 毎年、新年会で使ってくれるグループがあって、二日がまほろばの仕事始め。お掃除、宴席の用意。さて、これから仕込みです。今年もよろしくお願いします。

mahoroba営業案内
自己紹介・ご挨拶
現代詩資料室1
現代詩資料室2
リンクのページ