まほろば日誌19


2月22日
 先週末からバタバタしていて更新を忘れていた。土曜日辺りから思いつくままに記しておく。
 土曜日、6:30から下水道処理当番。独特の匂いがたまらない。仕入れに走ろうとしたらお客さん。一組三人、開店時間前ですが開けますよ。昼前に引けると
後はひっそり。資料整理に集中。
 日曜日、一番で仕入れに走る。まほろばに戻ると隣の公民館に人集り。あっ、森林組合の総会だった。直ぐに受付。記念品のお肉セット、ゲット。夜はJAZZの
練習日。ギャラリーも入って久しぶりに大忙し。皆さんありがとうございました。
 月曜日、定休日は忙しい。倉庫整理をしないと仕分けした資料の置き場が確保できない。溜め込んだ不要品を思い切って捨てる。食器棚、芝刈り機、コピー機
プリンター、カラオケセット、ビデオテープ、蛍光灯、書類など。夕方までかかって軽トラック一台分を清掃工場の奈落へ捨てる。想い出の品々多数、しょんぼり。
 火曜日、一番でダンボールや不要の紙類をN紙業へ。90s、450円ゲット。因みに、前日の清掃工場分は、280s、処理費用4200円の支払い。
 水曜日、6:30から資源ゴミ回収当番。いつもの三分の一ほどの量。暖房用の灯油を買ったり、小口の仕入れをしてまほろばへ。上毛新聞の担当者と打ち合わ
せ。人事異動は宿命とはいえ、慣れた頃には異動ですね。こんな日に限ってランチのお客さん。いえいえ、ありがとうございます。
 夜、まほろば句会。金子兜太逝去の報。2・21は兜太忌となるだろう。出席、もなか、紫泥、ひろ、まひる、智水。欠席、三毛猫。ネット参加、あんこ、けんじ。兼題
「草餅」。

 「梅咲けり保守派の白き割烹着」もなか。智水、まひる特選、紫泥選という一等賞。なんとも恐れ入りました。中、下の取り合わせが抜群です。
 「草餅のほろ苦きかな昭和の日」智水。昭和の日々なのですが、昭和の日という祭日があったとは知りませんでした。
 「主旋律アルトサックス春動く」紫泥。ひろさん特選、もなか師匠の選。JAZZの日のサックスでまひるさんかな、と予想していたので意外でした。
 「のろのなか冬眠している泥鰌とり」ひろ。句会の前にカウンターで泥鰌とりの話をしていたのでした。偶然です。
 「蔵書印少し右より浅き春」まひる。毎日資料整理ありがとうございます。確かにどこに押すかは重要です。
 「草餅を食む忘れ物気にしつつ」あんこ。お師匠さんの特選。ほんと、忘れ物を探してうろうろすることが増えました。
 「白梅の夢みるやうに揺れてをり」けんじ。智水の選。小さな梅の花が景に収まっています。夢見るやうに、も許せます。

 最後に、お師匠さん選の兜太句一句。「季語は草餅嗤いつつ兜太逝く」智水。

 今日、木曜日。朝からお客さんが切れない日。春の兆しかと思いきや夕方から霙模様。倉庫整理も途中だが、お客さん優先です。さてさて、あれこれの仕事を組み
立て直さないと間に合わないぞ。冬季五輪を合間に観ているが、ここまで注目競技のほとんどでメダルラッシュ。過去最高成績を更新した。観るからには期待してい
るので面白い。
2月13日
 木曜日の晩。カミさんはフラのレッスン、自分は地域の会議。独居老人など介護の必要な地域の方の情報を集めて見守りマップを作る作業。プライバシーに関
わることなので微妙な空気がある。なるほど、これを応用すれば地域の情報は集約できるわけだ。意図のない集まりというものはない。
 土曜日、夜、久しぶりの宴会。ちょっとイメージの定まらない宴会だったが、いつもの少年野球の皆さんなのでなんとかなるだろう。17時スタート。おや、みんな
歩き。ということは、飲みますね。少年野球チームは南小と北小の2チームがあって、お隣の南小チームがウチの常連さん。今回は合同の遅い新年会ということ
らしい。北小チームの保護者たちには馴染みの薄い店なので、迷う人数人。テーブルのセッティングもお客さん次第。一応の並びを解体して円卓仕様にして乾杯。
女性や子供の混じり具合でメニューも考えなければだが、体育会系の成人男性に女性三人という酒盛りモード。これなら対応できる。遅れて来る人もあって予約
通りの仕上がり。みなさん、ありがとうございました。
 日曜日、昨夜の後片付け。掃除をしてテープルを通常配置に戻す。隣の分譲住宅を手がけているK・ハウジングの社長がコーヒー。業界の見通しなど拝聴。ラン
チに中澤睦士、泉麻里、井上敬二。彼らが帰ると静かな「まほろば」に。資料整理。
 月曜日。振替休日だが、まほろばは定休日。藪の整理。ついに最後の竹を伐り倒す。生まれて初めて見る竹の無い裏藪の景色。欅の巨木が四本、藪椿が四本、
杉が三本、アオキの巨木一本。屋敷神はどう思っているのだろう。髪の毛の固まりのような草(竜のひげ?)があちこちに。夕方、カミさんと榛東温泉ふれあい館へ。
 本日、火曜日。自宅の植木の剪定をシルバーさんに頼んである。カミさんの指揮に任せて「まほろば」へ。そろそろ開店時間。
2月5日
 HPの更新が1000回目になった。アクセスカウンターの設置日付を見れば分かるが、丁度HP開設21年目になる。実際に現在の「榛名まほろば」を開館する
一年以上前からインターネット上では仮想の資料館「mahoroba」を動かしていたのだった。ネットを活用した様々な可能性に胸を躍らせていたことを思い出す。
 この日誌は、実際の開館当日から始めている。最初は文体も当時の興奮を反映した話体だった。長期の旅行や、やむをえない事情で更新が遅れることもあった
が、ほぼ毎週更新してきた。ネット環境の成熟とともに文体も変わった。後で取り出してみると書きっ放しの無防備さに慌てる。もちろん、気がついた部分は訂正
してあるが、後の祭りと腹をくくるしかない。ネット草創期は、人の生活をのぞき見る楽しさから、こぞって交換日記をしているような雰囲気があった。情報交換の掲
示板もネットでは古典的なサイトだ。長くやっていると弊害も被る。対応を誤ると危険な領域に巻き込まれかねない。特にネット人格が豹変する人がいるので気を
つけたい。ともあれ、早くからネットを活用してきて、その恩恵を受けたことは確かなので、全ては実力通りの結果だろう。皆さん、ありがとうございました。今後とも
よろしくお願いします。
 今週は雪と寒波に尽きる。カミさんの爆発的な資料登録で、劇的に整理が進んでいる。重複分を仕分けると妥当な量に落ち着く。書架の喧噪も少し静まってきた。
 定休日の今日は藪の整理。「水の呪文」に〈藪をかがやく〉と書いたら大反響。かがやくは、探すとか、そのように俯いて動き回る様子を言う当地の方言だが、これ
が、なかなか面白い。どうやら同じ群馬でも、これが通じる地域が限られているらしいのだ。承知で書いたのだが、思ったよりも盛り上がったので小さくガッツポーズ。
 カミさんは今日から味噌造り。朝が早いので母の食事のめんどうをみる。今回はちゃっかりと待っている。戻ってきたカミさんは、書類を抱えて別の仕事でおでかけ。
1月29日
 水曜日、まほろば句会。今回はネット組の不参加が決まっていた。出席、もなか、紫泥、ひろ、まひる、智水。欠席、三毛猫、あんこ、けんじ、りょう。兼題、寒梅。

 「夭折の詩人の墓や寒紅梅」紫泥。智水のみ採らなかったが、富岡啓二の墓だそうです。遺稿集「牧神の午後によせて」の収蔵を確認しました。
 「梅と云ふ浅き賑わい声ひそめ」智水。浅き賑わいがどうかと思っていましたが、意外に好評でした。
 「駅名のなにやら楽し冬の梅」もなか。智水の特選。梅に鶯から「うぐいすだに」という駅名が浮かびました。
 「軽やかなダッシュ軽トラ日脚伸ぶ」まひる。雪道でも四駆スタッドレスの軽トラは軽快に走ります。
 「寒梅や土手をゆく人迷いびと」ひろ。認知の方の徘徊かと思いましたが、寒風に吹かれて歩く人の景だそうです。

 木曜日、夜、宴会一つ。交通安全会の皆さんですから歩いてくる方も何人か。先ずは生ビールから。皆さん、ありがとうございました。
 金曜日、訃報欄に若い人の名前。すぐ下の弟と同い年なので、こどもの頃の記憶が残っている。
 土曜日、群馬詩人クラブの幹事会。会報、発送作業から編集会議。ランチに協力いただきました。ありがとうございました。
 日曜日、自宅のTVの地デジチューナーが壊れた。ブラウン管の大型TVもこれでサヨナラ。早速、吉岡町の大手家電店に買いに走る。家電リサイクル処理費用を
払って、重いブラウン管を置いて、軽くて大画面の液晶TVを持ち帰った。簡単に設置。13:30からの葬儀。カミさんに行ってもらう。名月堂さんなど、常連さんが夕
方れまで。夜になって少年野球の皆さん。来月の予約承りました。
 定休日、カミさんは朝から自宅の掃除。自分は米つき。月契約分の荷造り。昼、セールス対応。午後、藪の整理を少し。さて日が暮れた。
1月23日
 先週の火曜日。群馬詩人クラブ新幹事・会報係の編集会議。提箸宏、泉麻里、須田芳枝さん。ランチ、ご協力ありがとうございました。
 水曜日。堤美代さんと関根由美子さん。ひさしぶりにゆっくりと。暇なときは積もる話のあれこれ。こういう日も必要です。関根さん、お米。ありがとうございました。
 木曜日。午前中、お見舞いに病院へ。面会は午後からですと断られる。出直しですね。昼に予約があって、午後は資料整理。
 金曜日。こんなところにお店があるなんて!という一見さん二人。隣の公民館での英会話教室に入っているという。村外の方でした。また来てくださいね。
 土曜日。短歌教室の新年会。11名様。いつもありがとうございます。夜は地域の当番さんの引継ぎ会。一緒に遅くまで。ありがとうございました。
 日曜日。朝、確認の電話一本。15名の予約が入っていることになっているのだが、どうも反応がない。去年の予約と同じなので勘違いしているのかも。あるいは、
パラレルワールドに迷い込んだか?たいがいは予約内容の確認が先方からも入る。まして予約日の明日は大雪という予報が出ている。電話の主の方面ではなさ
そうだ。ちょっと忙しいランチタイムがあって、夜にも一組。
 定休日、朝から雪模様。こういう日は火付けにはもってこいだ。朽ちた竹材やら藁、まほろばの剪定枝など、畑の真ん中で燃やす。予報通りの大雪。火の粉も煙
も雪の中だ。燃えがらの処理もしんしんと降る雪にまかせて帰宅。しっかし、炎を浴びていても身体は凍えます。お風呂に入ってじわじわと全身に人心地が甦った。
結局、この日の予約は何かの間違いであったことが確定。それにしても、狐につままれたような気分。
 本日は雪かき。積雪30pという感じ。数年前の70p超を経験しているためか、このくらいは平気。夜のうちに止み、朝から陽が出ているので融けるのも早そう。
それでも、まほろばの前と自宅の前の歩道をかくのはけっこうな仕事。昼から通常営業だが、こんな日は開店休業。カミさんは資料整理、自分はここの更新。特に
滞っていた受贈詩誌の整理を中心に。遅れてごめんなさい。地元の三枝治さんがコーヒー。竹が欲しいというので自宅の藪へ。地鎮祭用とか。今日の上毛新聞で
丁寧に「榛名まほろば」の20年を取り上げていただいた。感謝。もう少し頑張ります。
1月15日
 水曜日、危険物ゴミ出し。書庫の増設のためにホームセンターへ。適当な素材、既製品がなく目的外の靴を買って帰る。結局、村内のホームセンターで材料を入
手。こちらは規模が小さいので材料が足りない。書棚の取付方法にも問題が発生して、当初のシンプルな工法に戻すことに。試行錯誤の棚一つ完成。
 木曜日、書棚の増設の続き。高崎の同系列の大型ホームセンターへ。おや、こちらは既製品の書庫が充実している。寸法をメモして一旦戻る。メモを見ながら寸
法を当たるとすっぽりと隙間に収まりそうだ。五本の書庫を組み合わせることにした。暇ながらもお客さんは来る。お客さんが引けた後に書庫の組み立て。二ヶ所は
計画通り、もう一ヶ所はギリギリで無理。設置場所変更。スペースを作りながら資料整理。あっという間に夜が更ける。
 金曜日、ゴミ出し。米搗き。前日失敗した書庫の増設の続き。最初のシンプル工法だが、板厚のある素材に変更。大工道具は揃っている。電動ノコギリで切断して
トンカチでトントン。あれ、釘が足りねえ。少ないお客さんを放っておいてはいけません。これで一応、空きスペースは埋まった。劇的に資料整理も進んでいる。
 土曜日、午前中は道祖神の準備。地域の役員さんと育成会を中心に小屋造り。近くの竹藪から長い青竹を伐り出して運ぶ。束ねた12本の竹の支柱を丸く広げる。
周りを裂いた竹のベルトで囲い、縄で結わえて骨組みを造る。更に竹を渡して二階を造り、周囲に立てかけるように竹を巡らし、中に燃料として枯れ木やらなにやら
トラックで運んで放り込む。集めた門松、お飾りを収めて、昼前に終了。午後は「まほろば新春落語会」です。恒例の会ですが、ちょっと営業不足。それでも常連の皆
さんの協力で和やかに。「のざらし」「こがねもち」の二席。朝志師匠、お疲れ様。皆さん、ありがとうございました。
 日曜日、道祖神は朝6:40分点火。日の出前、消防団、第4分団立ち会いのもと、大炎上。豚汁、甘酒、おつまみなど。育成会主体ですから大勢の子どもたちが火
を囲んで一年の無病息災を祈ります。いつしか、大勢の老若男女の姿も消え、燃え尽きるまで居残りの役員さんたちだけに。さて、まほろばを開けましょう。この夜は
JAZZの練習日。ギャラリーは入りませんでしたが、Mバンドは勢揃い。今年もよろしくお願いします。原稿1本、送稿して帰宅。ああ、忙しかった。
 本日、定休日。カミさんは人権の会議。自分は予約していた床屋さんへ。途中、クロネコ便を出しに営業所へ。さっき床屋さんから帰ってきたところ。さて、資料整理
でもしようか。
1月9日
 水曜日、お正月なので昼間だけ営業。その前に初会の支払いと資料を頼まれていた件などを済ます。区長さんより電話。正月早々の訃報。夕方、弔問に行くこと
に。年賀状の返礼書き。朝志師匠がお年賀に。今年もよろしくお願いします。次弟帰る。兄弟で一番太っていたのに一気に痩せた。胃は怖い。
 木曜日、カミさんは朝一で胃の定期検診。昼前には戻ってきた。なんとなく、まほろば営業会議。とにかく資料整理をやらなくちゃだよね。はい。やる気になったとき
のカミさんの集中力は凄い。猛然と夜更けまで休みなし。あまりのペースにこちらもその気になった。重複分がはっきりするまで、スペースを最大限まで広げておくこ
と。懸案の書庫の補強、拡張にとりかかる。
 金曜日、世の中の仕事も動き始めたようで、業者以外のお客さんは来ない。村々鎮守様へ初j詣り。カミさんは実家へご年始に。戻ってきたカミさんと、暇を幸いに資
料整理に集中。現代詩資料館の正しいお仕事の姿です。
 土曜日、そろそろお店も忙しくならないと困ります。高校サッカーを観ながらぼちぼちと。カミさんはパソコン入力続行中。そこへ電話。夕方、五〜六人という予約。
ありがとうございます。
 日曜日、成人式。葬儀が十二時半から。香典をお願いに葬儀屋さんへ。来年から成人式にも来賓として呼ばれる。昼前には一年先輩の同級生区長が寄ってくれた。
13時半にピザ三枚という注文も。名月堂さんなど、常連さん。
 月曜日、定休日。正月休みということで、多胡碑を観に行った。世界遺産登録ということで注目されているが、成人の日の割にはぱらぱらという人出。期待していな
かったので、充実した展示と説明には感心した。吉井町がずっと前から大事に保存啓発していたことが分った。下仁田町で味噌おでん、南牧村でUターンして上州
一の宮貫前神社にお詣り。高崎に戻ってステーキランチに間に合った。箕郷町「まねき猫の湯」で温まって帰宅。
 本日も朝から資料室書架の拡張作業。とりあえずの配置を直したり棚を設置したり。この時期は暇なので、本気でやってます。明日も書架の増設予定。あっ、今度
の土曜日は「新春落語会」ですぞ。どうぞお忘れなく、賑々しくお集まり下さい。
1月2日
 明けましておめでとうございます。慌ただしい年末を駆け抜けてお正月となりました。元旦から地域の初会。去年から区長代理なので準備万端整えて一時間前に
はコミセンへ。勝手仕事もあるのでカミさんも一緒だ。大晦日から弟二人が来ているが、お雑煮を食べて、末弟は早々に帰る予定とか。区民の皆さんが集まり始め、
定刻13:30分開始。ただ出席しているときは気楽なものだったが、役員となると緊張する。案ずるよりも何とやらなのだが、乾杯となって一安心。引きも早く、いつ
しか数名になって閉会挨拶の必要もなくお開きに。これで区民の全員に新年のご挨拶が済んだということになります。
 今日は毎年利用してくれるグループがあって、箱根駅伝を観ながらPM4:00スタートの宴会準備。中澤睦士さん、今年も最初のお客さん。あけおめ、ことよろ。忙
しがってごめんね。カミさんは仕入れ先がお正月モードの品揃えにあたふた。いつもの食材が手に入りません。定刻30分前に皆さんがやってきた。ううむ、まだ仕込
み中ですが、いつもありがとうございます。奥の部屋で二時間ほど。一度に来て、一度にお帰りになる。有難い仕事始めのお客さんなのです。
 今年も忙しい年になりそうです。心身ともに加齢には勝てません。十分に自覚しながらやっていこうと思っていますが、どうなることやら。どうぞよろしくお願いします。

mahoroba営業案内
自己紹介・ご挨拶
現代詩資料室1
現代詩資料室2
リンクのページ